うまのる ー初心者の乗馬の手引きと記録ー

うまのる ー初心者の乗馬の手引きと記録ー

就職してから乗馬・馬術を始めた社会人の乗馬記録です。クラブ、道具、技術、ライセンス、競技会などの情報に触れる一助になれば!

馬術(乗馬)にかかる費用

どれくらいの費用が必要なのか

 

馬術というのはなかなか珍しい趣味で、馬にのるというとすごく経済的なハードルが高い印象があります。

実際はどうなんでしょうか。

 

ライセンス取得にかかった費用

5級ライセンス  ;1~2万円

3級ライセンスまで;100万円

2級ライセンスまで;+70万円くらい

1級ライセンスまで;+30万円くらい

 

(上記はレッスン代+月会費などクラブ会員費用+ライセンス取得費用)

 

ライセンスをとった時点でどれくらいのお金を使っていたかを家計簿から算出しました。

5級ライセンスは大手クラブの下記のような取得コースに参加したので安いです。

tannta.hatenablog.com

 

1級ライセンス取得には4年かかったので、月平均5万円前後でした。

私の場合、一時期乗馬にはまり、毎週土日に乗れるだけ乗っていたので高くなってしまいました。

後述しますが、月に2~3万円で続けることも十分可能です。

 

費用

初期費用

入会金      10万弱~円

道具代      安いもので揃えると2~3万円

 

継続費用

年会費・月会費  数千~数万円/年・月

レッスン代    2000~4000円/回

 

馬術をはじめるにあたって驚くのは入会金です。

これが馬術=高い趣味になってしまう原因ではないかと思います。

一方で、会員になってしまえば、レッスン代は想像より低いのではないでしょうか。

 

乗馬クラブクレインだと、入会金15万円、月会費1.5万円、レッスン代2000円/回のようです。

www.uma-crane.com

毎週2鞍前後乗ると月に2~3万円くらい。

大手が採用しているのでこれくらいがスタンダードでしょう。

 

毎週2鞍と書くと少ない感じもしますが、月に8鞍、年に96鞍です。

馬術クラブのQandAを見ていると100鞍というのが3級取得の目安になっているようなので、1年ちょっとで4級→3級取得という成長モデルが可能です。

 

クラブとしても、それを狙った料金設定にしている感じもします。

ライセンスを1年で取るには月に5万円かかりますよ、とか、月に2万だと2年かかる、だと、かなり多くの人が始める前に諦めるでしょう。

 

中小のクラブも考えるとより選択肢が広がります。

だいたい、都心に近いほど高く、離れるほど安いです。

都心からある程度の距離があるクラブのほうが広い土地を持っている傾向があるので、私としては郊外のクラブのほうがいいのでは、と感じています。

東京近辺だと、広い土地が必要な障害競技はやっていないクラブが多いような気がします。

実際、栃木や茨城のクラブで都内23区にすんでいる人に会うことはよくあります。

 

道具は馬術界隈だとピンきりなので判断が難しいですが、極力安いもので揃えると、という値です。

やはり靴と鞍が本当に高いものは高い。鞍は計算に入れていません。

 

 

習い事として

費用はスポーツジムよりはやや高く、英会話スクールと同じくらい?

まとめてみて感じますが、やはり習い事としてはそこそこお金がかかってしまうことは間違いありません。

 

一方で、動物とのふれあいを感じながら、かつ、ある程度の運動量を保てるというのは大きな魅力です。 

許容可能な経済的負担を定め、続けていく価値はあると思います。

 

今日のうまのる

 

誰でも気軽にできるなんてきれいごとは言わない。

でも、ひきつける何かはある。

どのくらいで何ができるようになるのか3 ~1級ライセンス取得~

~4年目秋(~440鞍)→1級ライセンス取得

・障害と馬場をおりまぜつつ練習を進めました

・メインの課題はハミ受けです

・強いコンタクトが重要な馬、逆にコンタクトをとりつつも”前をあける”ことでいい状態になる馬、いろいろな馬がいることが分かってきました

・コンタクトの強さ”だけ”や手綱の長さ”だけ”という一元的な感覚があったのですが、そうでなく、適正なそれらの組み合わせが重要なのではないかと感じています

・ただ、いまだにハミ受けをすぐに決めることはできず、まだいまひとつ分かっていません

 

・秋ごろに馬場の1級ライセンス試験をうけ、無事、合格しました(300鞍)

・反対駈足(ex.右周りのときに左回りの足運びで駈足をする)やシンプルチェンジ(ex.右手前駈足からなみあしに落としてすぐに左手前駈足)というそこそこ難しい動きもありましたが、これも合格するだけなら2級ライセンスを取った240鞍くらいの実力でも合格できた気がします

・A2もA3も難しい(大きなミスがでやすい)ところは駈足区間な気がしますが、障害をやっていたおかげでそれほど苦もなくできるようになりました

 

・障害はしばらくサボったせいか、猛練習を積んだ3年目のときに比べ、明らかに実力が落ちています

・繰り返しになりますが、障害競技というのは、ばーっと走ってだっと飛び、ただ飛んでやったぜ、でよいわけではなく、どのコースをどれくらいのスピードで走るかがすごく重要になります

・障害はずっと続けていたときは、障害までの距離感、スピード感、を感覚的につかみ、障害まで5歩くらいになったらあと5歩くらい!ということが理解できることが多かったです

・これくらいの感覚・間隔であれば、障害までの距離も少しはあるので、5歩のところを6歩で行きたかったら調整してやるということができていました

・それに比べ、 このときは残り2~3歩までいかないと馬があと3歩でとぶ!といった確信が得られず、障害まであと3歩の距離は調節するには短すぎました

・障害(馬術)というのは加速度計もスピードメーターもないのに、それを感じ取り調節しないといけない、すごく直感的なものなのだと強く実感します

・あらゆるものを数値化する現代においてこのアナログさは魅力のひとつかもしれません

・結局、競技会までの少ない練習期間では感覚的なものは戻ってきませんでしたが、それでもメダル圏内に入れたのはよい思い出です(障害140鞍)

 

今日のうまのる!

 

・障害の練習は馬場の練習にもなり、その逆もしかり

どれくらいで何ができるようになるのか2 ~2級ライセンスまで~

~3年目冬~春(~200鞍)→ハミ受けの感覚を感じる

・ハミ受けとはなんぞや?の状態だったのが、徐々に理解しつつあった段階です

・それまでは頭が下がっている状態とハミを受けている状態の差がわかりませんでした

・レッスンの中で運がよいと少しいい状態が続く、というレベルでした

・上達を感じるもののはじめての駈足のように分かりやすい上達もなく、うまくなっても面白くはならないなと、よく思っていました

 

~3年目春~夏(~310鞍)→本気を出す、競技会にも参加

・半年は本気でやってみようと思い立った時期で、障害3級を目指して練習をはじめました

・これまでは月に6鞍強というのをコンスタントに続けてきたのですが、毎週通い、月に20~30鞍くらい乗ってました(4~5倍ですね)

 

・「乗馬」では安全に綺麗に乗れていたら後はなんとなくでよかったのですが、「馬術」では自分と馬をよい状態に作りこんでいかないといけません

・マンツーマンレッスンも取り入れながら練習をしましたが、厳しい指導に心がおれ、レッスン後、ベンチの上で三角すわりをして方針していた記憶があります(笑)

 

 ・競技会に出るために長靴(しかもオーダーメード!)も購入!

・初めての競技会(障害60cm、80cm)は馬場でのレッスンが180鞍、障害が60鞍くらいのところでした

・正直ちょっと速かったかなと思います

・障害では決められたコースを障害バーを落とさずに早くゴールしないといけないのですが、そのスピードアップ量に対して馬を御す技術が足りておらず、ひやりとすることもありました

 

~3年目秋(~360鞍)→2級ライセンス、障害3級ライセンス取得

・これまでは、馬がちゃんということを聞いてくれるだろうか、うまくできるだろうかなどと、始めての海外旅行のようなちょっとした不安を感じていたのですが、このころにはそれもなくなっていました

・競技会にも出場し、初めての表彰台も体験

 

・障害ではスピードの制御が、もっと具体的には馬の歩幅の制御が重要となります。(たぶん)今まで5歩で進んでいた距離を6歩にするようスピード制御を、駈足の1~2拍の間のうちの変化させなければなりません

 ・その練習をしているうちに駈足部分が磨かれたと思います

 

・障害レッスンの先生の指導は厳しいので馬場2級のレッスンに逃げたりしました(笑)

・障害レッスンをメインにつめてきましたが、馬を制御するという点においては馬場に応用できるところは十分にあり、2級の試験課目(A2と呼ばれる)は数回のレッスンでまぁ大丈夫だろうというレベルになりました

 

・細かい話になってしまいましたが、馬場と障害を平行して進めるというのは上達にいい影響を与えるな、と思いました

 

・馬場2級、障害3級のライセンスを同時に取得しました

・練習鞍数は馬場のレッスンが240鞍、障害が110鞍でした

・感覚的には、障害3級はこれくらいの練習量が必要でしたが、馬場は200鞍くらいでもライセンスをとろうと思えばとれるかないう感じです。

 

今日のうまのる!

 

・本気でやってよかった

 

どれくらいで何ができるようになるのか1 ~3級ライセンスまで~

どうやって成長する?

 

 乗馬を始めてしばらくは、自分はいまどれくらいの位置にいるのだろう、

あとどれくらい続けたらうまくなるのだろう、と思っていました。

 

 

運よく、最初の頃からのった数(1回1時間ほどの練習を1鞍と数えます)を

ある程度メモしていたので、その経過を書きます。

 

ライセンス取得までの鞍数

 10鞍 5級                      /3日

180鞍 3級                      /2年

350鞍 馬場2級、障害3級 (馬場240、障害110) /3年

440鞍 馬場1級      (馬場300、障害140) /4年

 

上記の鞍数はライセンス取得時点での鞍数です。 

私の感覚だと月に10鞍くらい乗るとして、1~2年で3級、3~4年で馬場1級かなと思います。

3級は200鞍近く乗っていますが、100鞍くらいがどうもひとつの目安のようです。

 

www.elmeaure-kobe.com

 

http://www.nasu-tf.com/joba/licence.html

 

4級はパスしましたが、コンスタントに乗って25~50鞍くらいが合格ラインだったでしょう。

 

余談ですが、練習の頻度や馬との愛称、指導者の方針やレベルにより、練習の進行度が大きく変わることはありえることです。

同じ鞍数を乗っているのに自分はまだ・・・と落ち込む必要はありません。

自分のほうが上達早いぜ!という方は大いに誇っていただければと思いますが(笑)

 

特にクラブの方針(会員のシステムだったり、安全性だったり、そのレベル帯に

どれくらいの会員さんがいるか、とか)などで大きく左右されるような気がします。

 

4年間の到達点は馬場1級+障害3級

 

 2年目までをまず振り返る

 

 

0年目冬~春(10鞍)→なかったことになっている

・大手クラブにいって5級ライセンスを取る

・簡単に軽速歩できる人とできない人が最初から出ますね

・自分はできませんでした

・クラブを変わりましたが半年で10鞍とか・・・

 

 

~ 1年目冬(~25鞍)→基本的な図形と軽はや足など

・斜めに手前をかえるといった基本的な図形を覚えた

・最後のほうには駈足の練習に入りました

 

 

~1年目春~夏(~65鞍)→駈足が出ず挫折しそうになりました

・内にはいってしまって困ったり、踵をがんばって下げようとしたり

・駈足が出なくて苦労していたようです

・失敗してもチャレンジさせてくれるクラブでよかった・・・

・確か、適当に探しあてたウェブサイトの駈足のコツみたいなものを

 真似しようとしてから大スランプに陥りました

・やはりクラブの先生の言うことだけを聞くのがよいな、と思った記憶があります

・挫折的なものを味わうと、駈足が出せたときのうれしさは気持ちのよいものが!

 

 

~1年目秋(~100鞍)→駈足はクリア、障害を始める

・この頃には駈足が安定しつつあるようで、駈足でない・・・というコメントが

 なくなっていきました

・初心者も乗れる重めの馬に加え、軽めの馬にものせてもらえるようになりました

・80鞍に達することころには障害にも挑戦!

 

 

~2年目初夏(~135鞍)→姿勢を気にし始める

・あまり目新しい変化はありませんでしたが、この頃からきれいに乗れるコと

 乗れないコが分かれてきました

・ちっこい馬が苦手だった用に思います

・駈足が出せて満足、から手や足といった先端にまで注意がいくようになった時期です

・この頃にはハミ受けを意識した指導も受けていました(もちろん実らず)

・障害では60cmの障害をつかって誘導や障害姿勢の練習をしていました

 (障害だけだとトータル10鞍強)

 

 

~2年目冬(~180鞍)→3級ライセンス取った!

・馬ごとにこの子はここが苦手だから、得意だから、と分析するようになっています

・自分の姿勢から、馬との手綱をつかったコミュニケーションに注意がいくように

 なりました。

・あまり意識していませんが、こうやって書くと徐々に上達してる感がわかりますね。

・障害では80cmを使って練習していました(障害だけで30鞍くらい)

・180鞍が終わる頃に3級ライセンスを取得しました!

 

長くなったので分けます 

今日のうまのる!

3級ライセンス取得には丸2年かかりました。

 

 

乗馬(馬術)は危険?安全?

怪我とかについて

 

馬術をグーグル検索にかけると安全性について心配する質問が多く出てきます。

実際のところどうなのでしょうか。

 

実体験

私は4~5年くらい続けていますが、2度怪我をしています。

1度目;馬に足の親指を微妙に踏まれ、内出血(つめが割れるほどではなかった)

2度目;馬が転んで投げ出され骨折

→危険はあまり感じたことないですが、2年に一度というのは多いですね。笑

 どんなスポーツでもそうだと思いますが、馬術もやはり危険度0とはいかず、リスクをどれくらい下げるか、危険な場面にあった場合、どう対処するかが大事かなと思います。

 

範囲を広げると

H.27の消費者庁からの報告では、2つの特徴があるようです。

・落馬がダントツで怪我の原因となっている

・そのほかは馬の噛みつきによる怪我など

・初心者の怪我が多い

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/151105kouhyou_1.pdf

 

落馬が怪我の原因となるのは、確かにそうだろうと思います。自分もそうでした。

馬に乗ると、高さ的にはセダンのルーフに乗っているくらいの高さになります。

(ただ、落馬=怪我というわけではないと思います。)

 

 噛み付きが多いというのは意外です。

噛み付き癖がある馬がいるというのは確かですが、草食動物ですし積極的に噛んでくる印象はありません。

 

一方で、初心者の事故というのは確かにあるだろうなと思ってしまいます。

シチュエーションとしては、馬の扱い方に慣れていないために、意図せず嫌なことや怖がることをしてしまい、馬が興奮した結果、振り落とされてしまう、ということでしょう。

加えて馬が怖がるものを認識し切れていないというのも大きいと思います。

馬は人間の想像の二まわりほど大きく臆病です。

たまたま近くに来たカラスや上から落ちてきた枯葉に驚いてしまうことさえあります。

経験をつめば危険を予知し、身構えつつ練習に励むことができますが、そういったことができないうちは、騎乗者にとっては”突然暴れだした”という状態に陥ってしまいます。

 

こういった落馬関連については、視覚的に分かりやすいページを紹介できればな、と思います。

 

あとは手入れとかに、ハエを払おうとして馬にけられるというのは時々聞きます。

こういう時は馬も意図/想定していないので、馬も驚くそうです。笑

 

危険を避けるためには

報告書にも記載していますが、クラブの方針というのは重要です。

クラブ選びの際には、馬が放牧によりストレスケアされているか、馬が嫌になるような乗り方を続けさせられていないか(ここらは判断が難しい)、を気にしたらいいのでは、と思います。

(馬のストレス、という意味では中小のほうが馬の手入れが行き届いていていいという話を聞きますが、実際どうなのでしょうか。)

 

もう一つは保護具の着用です。

ヘルメットとかですね。

あとは、私もつけていますが、エアバッグベストとかがお勧めです。

鞍とベストを紐でつないでおいて、馬から落ちたらボンベからCO2?が瞬時に供給され、体を保護してくれます。

報告書を見ていると腰を打って腰椎骨折とか書いてあるので、こういった怪我を避けるのにはいいはずです。

こちらはバイク事故での怪我を防ぐために開発されたものなので、信頼性は確かかなと思います。

 

 

hit-air(無限電光)エアーバッグベストブラックL MLV-C
 

 

 

 ちょっと気になるのは3.5万円という値段ですが、怪我して入院するよりは安くつくのではないでしょうか。

 

ウレタンなどをつかったプロテクターもあります。

こちらはなんと言っても安さが魅力です。加えて、エアバック形式だとまったく防げない馬の足蹴りにも効果はちょっとはあるはずです。

(どれほど効果があるかは正直疑問ですが・・・)

 

 

筆者としては断然エアバッグ方式をお勧めします。

専門的な話になりますが、衝撃吸収というのはどれくらいの”速度”であたるかが重要で、その検証はすごく難しいと思います。

きちんとした商品だとある程度の効果は見込めるかと思うのですが、素人がそれを見極めるのはすごく大変です。

加えて、ムレて暑いし動きにくいんですよね。

もちろんないよりは絶対あったほうがよいのでバッドタイプのプロテクターでいい、と判断する場合はぜひプロテクターを着けてもらえればと思います。

 

エアバックの難点としては、馬術界隈で必ずしも完全に普及しているものではないということだと思います。

エアバッグは膨らむときに音がするので、その音で馬が余計に暴れるのではないかという心配をもっているクラブオーナーさんも多いと聞きます。

入会時にそういった使用状況も聞いてみるのがよいのでは。

 

あとちょっとズレますが、万が一に備えて保険にも入っておきましょう。

たぶんクラブが団体スポーツ保険への加入を薦めてくるのではと思います。

 

 今日のうまのる!まとめ

怪我につながるトラブルはやはり避けられない!

エアバッグなどの保護具をつけましょう!

 

ブリティッシュとウェスタン

乗馬(馬術)の流派には2種類ある

 

 ・ブリティッシュ

 

欧州(イギリス?)で発達したスタイルで馬場と障害の2つがメインです。

たぶん、馬術といえばこちらがメインかなと思います。

私もこちらを習っていますし、前回紹介したところもこちらがメインです。

 

馬場馬術フィギュアスケートのように特定の動きでよりきれいな動きを目指す

     動画はA3という課目で、ラインセンス1級の試験にも使われます。

     馬術を始めるときはまずはこちらの方からかな?


ARCホースショー2014春-A3課目優勝二位三位-

障害馬術;障害をおいて落とさないように飛び越えながらゴールを目指す

     最近だと華原朋美さんとかが有名かな?

     キャリーズサンはガチな馬です。


華原朋美×馬術 -Tomomi Kahara/Horsemanship-

 

ウェスタ

 

こちらはカウボーイをイメージしてもらえればといいのではないかと思います。

ブリティッシュはたぶん軍隊馬術なので集団行動をするためのものですが、

ウェスタンはアメリカ開拓時代に野山を駆け回り障害を避けるための細かな動きが

あるような気がします。

 

今日のまとめ

 

馬術はだいたいブリティッシュの馬場から始まりますよ!

乗馬の入り口(初心者向け)

はじめにどこに行ったか

 

乗馬をするには大きく分けて2つあります。

 

①乗馬クラブで馬術レッスン

②外乗

 

ここでは①について書きます。

※websiteも合わせて紹介しますが、変わってしまう可能性もあるため、実際の内容は各団体に問い合わせていただければと思います。

 

②はまたいずれ・・・

 

①乗馬クラブで馬術レッスン

 

私は大手クラブの5級取得コース ¥15,000-に参加しました。

 

こんなん↓

www.olympic-club.org

 

後はこんなん↓

www.uma-crane.com

 

始め方には他にビジターとして馬に乗ってみる、などがありますが、まったくの初心者ならやはり5級ラインセンス取得コースが手っ取り早いです。

 

理由① ちょうどいい期間と内容(3日)

 

簡単な座学、基本的な手入れと運動を学びます。

いきなりライセンス?って感じではありますが、試験日合わせて3日でとれる内容ですし、週末に分けて通うことも可能なクラブが多いです。

 

↓のは適当に拾ってきた動画ですが、だいたいこんな雰囲気になると思います。


2015.5.6 軽速歩レッスン

 

 

理由② 安い

 

ビジターとして乗馬クラブでレッスンを受けるには1レッスン45分ほどで6千~1万円がだいたいの相場です。

5級取得コースは3~6レッスンほどで、ビジターレッスンだと2万円くらいは少なくともかかる内容であるため、損はしないでしょう。

クラブとかによって差があるのでなんとも言えませんが・・・

 

 理由③ 手軽

 

たとえばオリンピッククラブでは秋葉原、千葉、池袋などから送迎バスが出ており、移動が楽です。

だいたいの道具は安い料金でレンタルできるので、着替えだけもったほぼ手ぶらでレッスンを受けることができます。

 

注意点① 勧誘

 

試験後に、入会を決断してくれたら入会料割引での入会が可能という割としつこめの勧誘を受けます。

断るのが苦手で迷っている方は、あらかじめ断る理由を考えておきましょう。笑

もちろんすべてに納得していればwinwinなのですが、クラブの雰囲気や練習の進め方はクラブによって大きく違いますし、あわてて入会せず、色々とクラブを見回るのもいい経験になるのでは、と思います。

(といいつつ筆者は、あまり見回ることはせず、馬術部だった知り合いに教えてもらった大手ではないところに決めてしまいました)

 

注意点② 入り口は他にもある

 

手軽さとコスパ重視で大手クラブの5級取得コースをおすすめしましたが、大手クラブ以外にも5級取得コースはあります(ちょっと高いような?)。

そのほかにも数千円で参加できる体験乗馬コースや10回レッスンコースがあるなど意外と門戸は広いです。

えいやっ!でいけるものを選ぶのがいいと思います。

 

・ホースライディングクラブ バランス 5級取得コース 期間限定価格

乗馬5級ライセンスコース|千葉県の乗馬クラブ 東京から送迎あり 乗馬資格を取得するなら 東京都内 千葉県内から送迎バス千葉県富里市『ホースライディングクラブ バランス』

 

千葉市シティ乗馬クラブ 30分体験乗馬コース ¥3,000-

chibacity-johba.com

 

・サンヨーガーデン 45分体験乗馬コース ¥3,500-

34250.jp

 

注意点③ 5級ライセンス

 

何に使うのか?

実はあまり何にも使いません・・・笑

ライセンスは1級までありますが、いきなり4級5級はパスして3級を受けることもできるので。5級取得はモチベーション管理に役立つくらいでしょうか。

自分はこの時期にとったのだなぁとしみじみ思うことに使っています。

 

今日の馬のる!まとめ

 

とりあえず騙されたと思って5級取得コースを受けてみましょう!

ただし、勧誘されるのには注意。