うまのる ー初心者の乗馬の手引きと記録ー

就職してから乗馬・馬術を始めた社会人の乗馬記録です。クラブ、道具、技術、ライセンス、競技会などの情報に触れる一助になれば!

乗馬は危険?安全?

怪我とかについて

 

馬術をグーグル検索にかけると安全性について心配する質問が多く出てきます。

実際のところどうなのでしょうか。

 

実体験

私は4~5年くらい続けていますが、2度怪我をしています。

1度目;馬に足の親指を微妙に踏まれ、内出血(つめが割れるほどではなかった)

2度目;馬が転んで投げ出され骨折

→危険はあまり感じたことないですが、2年に一度というのは多いですね。笑

範囲を広げると

H.27の消費者庁からの報告では、2つの特徴があるようです。

・落馬と馬の噛みつきによる怪我が多い

・初心者の怪我が多い

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/151105kouhyou_1.pdf

 

 噛み付きが多いというのは意外です。

噛み付き癖がある馬がいるというのは確かですが、草食動物ですし積極的に噛んでくる印象はありません。

 

一方で、初心者の事故というのは確かにあるだろうなと思ってしまいます。

シチュエーションとしては、馬の扱い方に慣れていないために、意図せず嫌なことや怖がることをしてしまい、馬が興奮した結果、振り落とされてしまう、ということでしょう。

 

あとは手入れとかに、ハエを払おうとして馬にけられるというのは時々聞きます。

こういう時は馬も意図/想定していないので、馬も驚くそうです。笑

 

危険を避けるためには

報告書にも記載していますが、クラブの方針というのは重要です。

クラブ選びの際には、馬が放牧によりストレスケアされているか、馬が嫌になるような乗り方を続けさせられていないか(ここらは判断が難しい)、を気にしたらいいのでは、と思います。

(馬のストレス、という意味では中小のほうが馬の手入れが行き届いていていいという話を聞きますが、実際どうなのでしょうか。)

 

もう一つは保護具の着用です。

ヘルメットとかですね。

あとは、私もつけていますが、エアバッグベストとかがお勧めです。

鞍とベストを紐でつないでおいて、馬から落ちたらボンベからCO2?が瞬時に供給され、体を保護してくれます。

報告書を見ていると腰を打って腰椎骨折とか書いてあるので、こういった怪我を避けるのにはいいはずです。

こちらはバイク事故での怪我を防ぐために開発されたものなので、信頼性は確かかなと思います。

↓アマゾンへ(写真を出したい・・・)

 

 ちょっと気になるのは3.5万円という値段ですが、怪我して入院するよりは安くつくのではないでしょうか。

 

ウレタンなどを使ったバッドタイプが安くでていますが、筆者としては断然エアバッグ方式をお勧めします。

実は衝撃吸収というのは落下速度が重要で、速度がずれると原理的に衝撃吸収機能が著しく落ちてしまうため、安全性に関してはちょっと落ちる気がします。

加えて、特に暑いし動きにくいんですよね。

慣れれば問題ないですが、快適性という意味でもエアバッグがお勧めです。

 

↓バッドタイプの例

 

ただ、馬術界隈で必ずしも普及しているものでもありません。

エアバッグは膨らむときに音がするので、その音で馬が余計に暴れるのではないかという心配をもっているクラブオーナーさんも多いと聞きます。

入会時にそういった使用状況も聞いてみるのがよいのでは。

 

あとちょっとズレますが、万が一に備えて保険にも入っておきましょう。

たぶんクラブが団体スポーツ保険への加入を薦めてくるのではと思います。

 

 今日のうまのる!まとめ

怪我につながるトラブルはやはり避けられない!

エアバッグなどの保護具をつけましょう!

 

ブリティッシュとウェスタン

乗馬(馬術)の流派には2種類ある

 

 ・ブリティッシュ

 

欧州(イギリス?)で発達したスタイルで馬場と障害の2つがメインです。

たぶん、馬術といえばこちらがメインかなと思います。

私もこちらを習っていますし、前回紹介したところもこちらがメインです。

 

馬場馬術フィギュアスケートのように特定の動きをしてよりきれいな動きを目指す

     動画の演技はA3という課目で、ラインセンス1級の試験にも使われます。

     馬術を始めるときはまずはこちらの方からかな?


ARCホースショー2014春-A3課目優勝二位三位-

障害馬術;障害をおいて落とさないように飛び越えながらゴールを目指す

     最近だと華原朋美さんとかが有名かな?

     キャリーズサンはガチな馬です。


華原朋美×馬術 -Tomomi Kahara/Horsemanship-

 

ウェスタ

 

こちらはカウボーイをイメージしてもらえればといいのではないかと思います。

ブリティッシュはたぶん軍隊馬術なので集団行動をするためのものですが、

ウェスタンはアメリカ開拓時代に野山を駆け回り障害を避けるための細かな動きが

あるような気がします。

 

今日のまとめ

 

馬術はだいたいブリティッシュの馬場から始まりますよ!

乗馬の入り口

はじめにどこに行ったか

 

乗馬をするには大きく分けて2つあります。

 

①乗馬クラブで馬術レッスン

②外乗

 

ここでは①について書きます。

※websiteも合わせて紹介しますが、変わってしまう可能性もあるため、実際の内容は各団体に問い合わせていただければと思います。

 

②はまたいずれ・・・

 

①乗馬クラブで馬術レッスン

 

私は大手クラブの5級取得コース ¥15,000-に参加しました。

 

こんなん↓

www.olympic-club.org

 

後はこんなん↓

www.uma-crane.com

 

始め方には他にビジターとして馬に乗ってみる、などがありますが、まったくの初心者ならやはり5級ラインセンス取得コースが手っ取り早いです。

 

理由① ちょうどいい期間と内容(3日)

 

簡単な座学、基本的な手入れと運動を学びます。

いきなりライセンス?って感じではありますが、試験日合わせて3日でとれる内容ですし、週末に分けて通うことも可能なクラブが多いです。

 

↓のは適当に拾ってきた動画ですが、だいたいこんな雰囲気になると思います。


2015.5.6 軽速歩レッスン

 

 

理由② 安い

 

ビジターとして乗馬クラブでレッスンを受けるには1レッスン45分ほどで6千~1万円がだいたいの相場です。

5級取得コースは3~6レッスンほどで、ビジターレッスンだと2万円くらいは少なくともかかる内容であるため、損はしないでしょう。

クラブとかによって差があるのでなんとも言えませんが・・・

 

 理由③ 手軽

 

たとえばオリンピッククラブでは秋葉原、千葉、池袋などから送迎バスが出ており、移動が楽です。

だいたいの道具は安い料金でレンタルできるので、着替えだけもったほぼ手ぶらでレッスンを受けることができます。

 

注意点① 勧誘

 

試験後に、入会を決断してくれたら入会料割引での入会が可能という割としつこめの勧誘を受けます。

断るのが苦手で迷っている方は、あらかじめ断る理由を考えておきましょう。笑

もちろんすべてに納得していればwinwinなのですが、クラブの雰囲気や練習の進め方はクラブによって大きく違いますし、あわてて入会せず、色々とクラブを見回るのもいい経験になるのでは、と思います。

(といいつつ筆者は、あまり見回ることはせず、馬術部だった知り合いに教えてもらった大手ではないところに決めてしまいました)

 

注意点② 入り口は他にもある

 

手軽さとコスパ重視で大手クラブの5級取得コースをおすすめしましたが、大手クラブ以外にも5級取得コースはあります(ちょっと高いような?)。

そのほかにも数千円で参加できる体験乗馬コースや10回レッスンコースがあるなど意外と門戸は広いです。

えいやっ!でいけるものを選ぶのがいいと思います。

 

・ホースライディングクラブ バランス 5級取得コース 期間限定価格

乗馬5級ライセンスコース|千葉県の乗馬クラブ 東京から送迎あり 乗馬資格を取得するなら 東京都内 千葉県内から送迎バス千葉県富里市『ホースライディングクラブ バランス』

 

千葉市シティ乗馬クラブ 30分体験乗馬コース ¥3,000-

chibacity-johba.com

 

・サンヨーガーデン 45分体験乗馬コース ¥3,500-

34250.jp

 

注意点③ 5級ライセンス

 

何に使うのか?

実はあまり何にも使いません・・・笑

ライセンスは1級までありますが、いきなり4級5級はパスして3級を受けることもできるので。5級取得はモチベーション管理に役立つくらいでしょうか。

自分はこの時期にとったのだなぁとしみじみ思うことに使っています。

 

今日の馬のる!まとめ

 

とりあえず騙されたと思って5級取得コースを受けてみましょう!

ただし、勧誘されるのには注意。

乗馬をしたいが、始めは何も分からない…

 このブログの方向性について

 

「乗馬を始めたいが、何もとっかかりがない」

 

多くの人がそうだと思うのですが、乗馬や馬術をはじめるにあたって最初にぶち当たるのはこれだと思います。

乗馬なんて北海道の牧場で体験乗馬をしたことがあるくらいでした。

 

・馬に乗るにはどこに行けばいいのか?

・道具はどんなものがあるのか?

・費用はどれくらいかかるのか?

・どんなことをするのか?

・そもそも自分にもできるのか?

 

探せば情報はあるのかもしれませんが、私はまったく分かりませんでした・・・

乗馬暦5年もない立場ではありますが、つんできた経験値を共有することでどなたかの一助になればよいなと思っています。

 

ちなみに筆者は下記のような人間なので視点が偏る点についてはご容赦ください。笑

 

・乗馬は社会人からスタート

・30代

・関東在住

・運動は得意でない(典型的な理科系の男)